会社情報

会社名   合同会社プラスリラックス

所在地   206-0031 東京都多摩市豊ヶ丘4-1-4-501

Tel/Fax    042・372・0126

設 立   2015年10月(合同会社としての設立時期)

​代表者   藤田令伊、こしのきよみ

オペレーション・スタッフ

​藤田 令伊

執筆/セミナー/講演

プラスリラックス共同代表

 

関西学院大学法学部卒業。放送大学大学院人間発達科学プログラム修士課程修了。アート鑑賞ナビゲーター、アートライター、大正大学非常勤講師。
大手出版社編集者を22年間務めたあと独立。知識としての「美術」ではなく、見る体験としての「鑑賞」が鑑賞者をどう育てるかに注目し、楽しみながら人として成長できる鑑賞のあり方を探究している。近年は鑑賞力のメカニズムについて認知科学の視点を交えて研究中。一貫して「見る側」の立ち位置を大切にし、アートとファンを橋渡しすることをミッションとしている。文章や講義は「わかりやすくて学びになる」と定評があり、書籍・雑誌記事の執筆や美術館セミナー・市民講座・企業セミナーの講師、アートツアー同行講師、テレビ・ラジオ出演などマルチな角度からアートの楽しさと可能性を伝える活動を展開している。修士論文のテーマは「大学における美術鑑賞教育がもたらす人間的成長」。
(著書)
『アート鑑賞、超入門!』『現代アート、超入門!』『フェルメール 静けさの謎を解く』(以上、集英社新書)、『企画展がなくても楽しめるすごい美術館』(ベストセラーズ)、『芸術がわからなくても美術館がすごく楽しくなる本』(秀和システム)

こしの きよみ

『Palette』編集長/セミナー/ツアー講師

​プラスリラックス共同代表

 

大谷大学短期大学部幼児教育科卒業。同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャルイノベーション研究コース修士課程修了。
保育士、OLを経たのち、福利厚生のアウトソーシング企業で企画運営・情報誌編集に携わる。30代前半でアート鑑賞のおもしろさに目覚め、その可能性や課題を追求すべく、退職後、京都にてプラスリラックスを起業。
「交流しながら鑑賞する」ギャラリーツアーにリピーターが多数生まれ、アート鑑賞サークルの発足や大手旅行代理店のアートツアー講師活動などを開始。参加者や初心者の目線にこだわり、ともにアート鑑賞の奥深さを模索し分かち合いながら現在にいたる。
2008年、同志社大学大学院総合政策科学研究科ソーシャル・イノベーション研究コース前期課程を修了(修士論文のテーマは「美術鑑賞におけるソーシャル・イノベーションの実践的研究」)。研究成果を反映させながら、美術館やアート鑑賞をより身近な場所や体験にする企画を発信。また、国内外のアートツアー講師の豊富な経験を活かして、観光とアートのよりよい関係をめざして活動している。

プラスリラックス

®

アートであそぶ  | アートでまなぶ

© 2019 Plus Relax , LLC

合同会社プラスリラックス