• plusrelax

アート鑑賞の可能性 (ある日、青空の下で)


今週の日曜美術館のテーマは「疫病を超えて 人は何を描いてきたか」でした。 日曜美術館 https://www.nhk.jp/p/ni…/…/3PGYQN55NP/episode/te/YPYYGG1QNY/ 正直なところ、綺麗にまとめられた感があって、もう少し多様な解釈も欲しかったですが、いま、避けては通れないテーマとして大いに興味深く見ました。 同時に、鑑賞者としての私が、この先の「アート」や「アーティスト」に求めたいテーマが一つ見えてきました。 それは「見えない厄災と人間」をどう描くか、ということ。 21世紀に入ってからの私たちは、「放射能」と「ウイルス」という二つの眼に見えない汚染に直面することになりました。 この、昨日撮った青空と八重桜の写真には、目に見えないものが映っています。それは、画面の奥で遊ぶ子どもたちの「不安な心」です。 何事もなかったあのころと何一つ変わらない風景の中で、でも、実は何かが大きく変わってしまった。。。 この「子どもたちの心」のようなものを表現した作品が、いつの日か見てみたいと思うのです。決して急ぎはしませんが。 (余談ながら、もしかしたら、この「不安」こそが、放射能やウイルスと並んで、人を蝕んでいく第3の厄災かもしれません) いま日本に暮らす私たちには、疫病に襲われた中世の人々が野晒しの骸を目にしたような、リアルな「死の恐怖」は見えません。 だからこそ、現代人にしか描けない表現があると思うのです。 そこにアートの可能性のひとつがあり、見る者に内なる力を与えてくれるかもしれないと感じています。 そこには表面的な「美しさ」は無いかもしれないけれど、恐怖に向き合った表現者の痕跡は残るだろうから。 それは、ひょっとしたら、21世紀のゴヤ、みたいなアーティストかもしれません。



ところで、番組にリモート出演されていた山本聡美さんの『闇の日本美術』は大変面白く読みました。昨年のことです。 ただし、そのときは「他人事」として読んでいたのです。

まさか、自分が直面することになるなど、露ほども思わず、、、。


まるで時空がつながっているかのように感じています。

プラスリラックス

®

アートであそぶ  | アートでまなぶ

© 2020 Plus Relax , LLC

合同会社プラスリラックス